モキハナ・ハッピーデー

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の影響

Handcraft

もう春先の話になりますが、私の好きな手芸家の展示会に行ってきました。

母が洋裁・編み物・そして刺繍をやっていた関係で、私も母に習いながら編み物を始めたのが高校生の頃。
冬は二人でTVを見ながらよく色々なものを編んでいました。

洋裁はからきしダメだけれど、刺繍は眺めるのが大好き。最近は時間がなくて編み物もとんとご無沙汰しているものの、本屋に行けば必ず手芸のコーナーで立ち読みしています。

この手芸家も、お母さまがとにかくよく作る方だったそう。
親戚の叔母様も、お正月には必ずお財布やポーチなど、手作りの小物を届けてくれたそうです。

展示会でも、「うちの母も洋裁やっていたのよ」という会話がそこここで聞こえてきました。

やっぱり小さい頃親や回りの大人に受ける影響は大きいんだなと。
ヒーリングを受けていると、どうしても負の潜在意識に気持ちが行ってしまうけれど、自分の好きなもの、好きなことが親譲りなのかな?なんて振り返ってみるのもいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

す、すっかり初秋

米沢

秋が来ましたねえ。

写真は、一昨年の今頃お墓参りの折に訪れた米沢城。
米沢藩中興の祖、上杉鷹山公の銅像です。

母方の祖父母が米沢出身ということもあり、幼少期・・いや母のお腹の中にいる頃から聞いていた米沢弁。
私には一番しっくり来る、お国ことばです。

転勤族だったため祖父母は母が生まれる前に米沢を出てしまい、それ以降戻ることはなかったけれど、私にはいつも「米沢」という言葉が頭にあった。アストライアで先祖のヒーリングを始めることになって、お墓参りのためようやくかの地へ訪れた時には既に祖父母も母もいなかったけれど、なんだろう。とても懐かしく、「ただいま」という感覚を覚えた。

それは、今でも変わらない。

母のお腹の中から慣れ親しんできた「米沢」でもあるし、自分も前世でいたんだろうなあという感じがしている。

きっと人間誰しも、そのように感じる瞬間はあるのでは?

すっかり初夏

Pua.jpg

春が終わり、夏がすぐそこに。

今年に入って時間が矢のように過ぎていく感じがします。
・・・というのも、仕事が面白いようにあるから。
「これでもか!」というように、文字通り遠くから私目掛けて飛んで来る。

おかげで毎晩残業。
だけど元々興味のあった分野であり、ヨガの効果なのか楽しく前向きに取り組めていることが救い。
夜も、いつもどおりカウント5で夢の中です。

思えばヨガを始める前の、まだ若い頃・・イケイケ状態で土日も進んで仕事をしていたことがあり、そのうち地面が斜めに見え始め定期的にぶっ倒れていました。
本当はやらなくていいことも、「自分しかやる人がいない」と自己犠牲のようにあれこれやっていた。
経験値もあるだろうけれど、客観的にみられていなかったなあと今は思う。

ヨガをしていなかったら・・・きっと入院騒ぎになっていたと本当に怖くなります。
アストライアに出合えて、感謝。

あけましておめでとうございます

ひつじ

常套句になりそうですが、気が付いたら1月も中旬に差しかかっていました・・・

今年は羊どし。ということで、私の心のふるさとのひとつ、ニュージーランドの羊さんのご紹介です。
人口の数倍もいる羊。機上からみると水玉ならぬ、緑の中の白玉のよう。
結構臆病で、牧場の間を車が走り過ぎるだけで飛んで逃げていきます。

NZ人はとても人懐こく、目が合うとほとんどの人が "Hi!!"と笑顔で声をかけてくれる。
絶海の孤島で自然は豊かだし、隣国との紛争もなく、本当に平和。悩んでいる人をみると "No worries!" 
(心配しなさんな!)と言うのが口癖。辛いことがあっても深く考えない。思い詰める私からすると、目からウロコでした。
だからヨガの効果(特に心理面の)とか、潜在意識と言っても私の数いる友人にはあまりピンと来ないみたいでした。

ある意味、羨ましい。
まあ、だから打たれ弱い部分もありますが。

個人的には「~人だから」と決めつけるのは好きではないけれど、日本と大して変わらない面積に400万人くらいしか住んでいなく、しかも大自然に囲まれていたら、家族が幸せならそれでいい。世界に追いつけ追い越せ・・なんて考えなくなるんだろうなあと思う。

物心ついた頃から多国籍の人に囲まれていると、やっぱり「日本人として生まれてきた意味」は自然と考えるようになるなあと、最近特に思う、2015年年頭でした。

あっという間に・・・

気が付いたら師走に突入していました・・・

初夏に内部異動があり、まったく新しい分野の仕事を受け持つことになって以来、これでもかとばかりにわんさかと仕事がやって来た。そう、まるで私を待っているかのようだった。

ランチも「席食べ」でわき目もふらずバッサバッサと片付け、ふと時計を見ると帰宅時間を過ぎている
・・・そんな毎日。

週末にヨガに行き、ゆっくり呼吸しながら自分を取り戻す。この時間はとても貴重。
佐多先生が言われるように、正しい呼吸をすると全身に良い酸素が血液と共に行き渡る。そうすると免疫力が高まり、風邪もひかなくなる。そして、続けていくと客観的に自分をみられるようになる。

イライラしていると、どうしても呼吸は浅くなる。やっぱり意識して深い呼吸をするだけで、仕事の合間にもリフレッシュ出来るなあと忙しい今、とても実感しています。

ゆっくりヨガが出来ない平日は、この方に癒されています。

薔薇モン

My Hero!!

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。